指きりげんまん

「指きりげんまん」の歌詞が怖い理由は、江戸時代の遊郭に関係しています。江戸時代、遊郭の遊女は様々な男性と関係を持っていたので、その中で本気で好きになった男性に愛を誓うときは、

左の小指を切り落として相手の男性に贈ることで自分の誠意を伝えていました。
この遊女の愛の誓いを「指切り」と言っていました。

こうした遊女達の風習が、庶民にも伝わり、子供達が約束をするときに「指切り」の真似事をするようになりました。

その後、約束をするときは、指切りのことをうたったわらべ歌を歌うようになり、わらべ歌が歌い継がれるうちに、「指切り かねきり 嘘言うと指が腐るよ」、「指切り かねきり 高野の表で血吐いて来年腐って又腐れ」などのようにもなり、

更に「針を千本飲ます」や
「ゲンコツで一万発殴る」(=げんまん)

などの歌詞が足され、

その後、現在の「指きり げんまん 嘘ついたら針千本飲ます 指きった」という歌詞になったと考えられています。

「指きりげんまん」をブックマークしよう!
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading ... Loading ...
カテゴリー:怖い話   タグ:

Ads by Sitemix