【怖い話】神経質

小中の頃なんかヤバい同級生(男)がいたんだよ
基地外なのかなんなのか、
すごく成績優秀なんだけど、いつも突然プッツンしちゃう奴。
いきすぎた神経質っていうか。

小学校の頃から、教室で静かに本読んでたと思ったら、
急に椅子を持ち上げて廊下側の薄い窓ガラスを何枚も叩き割ったり。
ちょっとからかってきた男子に対して、はさみを握り締めて目に突き刺そうとしたり。
彼に対して、私が知る限りいじめとかはなかったけど、
みんな、いつ豹変するかわからないから、常に警戒してた。
中学あがって初めてそいつと同じクラスになった。
ある日、どうしてだったかは忘れたけど、委員の仕事か何かで
放課後教室に二人きりになったのね。
私も彼に対して警戒心もってたし、早く帰りたい、それか早く帰ってくれないかな、
とか思ってたんだ。
そしたら教室の前の方から、ガタンって音がして、不安な気持ちでいっぱいだった自分は、
静かな空間に響いたその音にビクッとしてそっちを向いた。
そしたら、教壇に立ったそいつが、イっちゃった笑顔で私を見つめてた。
(ちょっとは空間あるけど私は一番前の席)
目が合って、ヤバい、と思った瞬間に、私の顔面にそいつの靴がめり込んだ。
ジャンピングキックしてきたんだよ。
机や椅子と一緒に倒れたから全身痛かったはずなんだけど、痛みより何より
その瞬間はそいつに対する恐怖心のほうが強かった。
しかもそいつも机とかにぶつかってて痛いところもあったはずなのに、
痛そうな顔ひとつしないでイってる笑顔で「あははは」って私を見下ろして笑って、そのまま帰ってった。
全然たいしたことないけどこれが自分に起きた事で最恐だった

「【怖い話】神経質」をブックマークしよう!
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 4.00 out of 5)
Loading ... Loading ...
カテゴリー:怖い話   タグ:

Ads by Sitemix