Archive

Archive for the ‘未解決事件’ Category

合図

11月 29th, 2010

事件に関する重要な記録をここに公開する。
ICレコーダーによる記録である。
吹き込まれた声は基本的に可美村(かみむら)緋那(ひな)のものだけである。
彼女は警視庁の刑事であると共に、
IZUMO社航空機墜落事故の唯一の生存者である可美村貴代(たかよ)ちゃん(事故当時十三歳)の叔母でもある。
貴代ちゃんは事故の怪我によって、長らく植物人間状態と見なされていたが、
先日、意識をはっきりと回復していることが確認された。会話が出来るほどには回復していないため、
奥歯に電極を取り付け、歯を噛み合わせると電子音が鳴る仕組みでコミュニケーションを可能にした。

イエスの場合は二回、ノーの場合は一回、歯を噛み合わせてもらった。
貴代ちゃんの精神安定のため、部屋には緋那さんと貴代ちゃんの二人だけである。
カメラなども設置していない。

以下が記録である。


Read more…

未解決事件

【未解決事件】大雪山SOS事件

7月 17th, 2010

雪山で遭難した男性が助けを求めるも、救助が間に合わず死亡する。
また、男性の遺体近くから、別の白骨死体が発見されたため、謎を呼んだ。

北海道の大雪山系融雪沢上流の湿原(上川管内美瑛町)に樹木で組んだ
ような「SOS」の文字があるのを二十四日夕、遭難救助活動をしていた
北海道警航空隊のヘリコプター「ぎんれい1号」が発見、写真撮影した。
写真を分析したところ、文字は風倒木かシラカバの木をつないで文字に
組み立てたもので、一文字の大きさは二-三メートル。
現場は同山系旭岳山頂から南へ約四キロ、登山道もなく、普段人が
出入りしない場所。道警は二十五日午後、ヘリコプターで救助隊四人を
現地に派遣し、文字の確認と周辺を捜索、文字から十-三十メートルの
範囲で骨盤や大たい骨、上腕骨などが散乱しているのを発見した。
北側約百メートルでカセットレコーダーやテープ三本の入った袋のような
ものと布切れ二枚も見つかった。
Read more…

未解決事件